更新日 :

CHTHONIC : 演武(イェン・ブ)~ライヴ・イン・フォルモズ・フェスティバル2013を視聴フルで配信している動画配信サービスの情報

CHTHONIC : 演武(イェン・ブ)~ライヴ・イン・フォルモズ・フェスティバル2013 のサムネイル画像
提供元:iTunes

CHTHONIC : 演武(イェン・ブ)~ライヴ・イン・フォルモズ・フェスティバル2013 の動画配信・レンタル状況

CHTHONIC : 演武(イェン・ブ)~ライヴ・イン・フォルモズ・フェスティバル2013 が視聴フルで配信・レンタルされているのは以下のサービスです ( 時点)

1 動画配信サービスで取り扱っています。

TSUTAYAのプラン比較
TSUTAYA公式サイトより
オススメするポイント
  • 30日間の無料体験が可能
  • 49万本以上のCD/DVDが借り放題! マイナーな作品や旧作、アイドル動画など圧倒的なラインナップ
  • 自宅から注文することができ、最速で翌日には自宅に送料無料で届けてくれます
  • 定額レンタルに加えて、ネットの動画配信が見放題になるプランも! (2659円/月:税込)

TSUTAYA を30日間無料体験する

今日登録すれば08月29日までは無料で利用できます。
登録日から30日間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

TSUTAYA DISCASの月額料金や配信作品数といった基本情報をまとめてみました。

月額料金 2052円(税込)
無料期間 30日間
見放題作品数 6万本以上
総配信作品数 49万本以上

TSUTAYA DISCASであれば「新作」「まだまだ話題作」「旧作」など、すべての作品を月8本まで定額内で注文できます。さらに月間レンタル可能枚数終了後も「旧作」は借り放題!

TSUTAYA を30日間無料体験する

今日登録すれば08月29日までは無料で利用できます。
登録日から30日間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

CHTHONIC : 演武(イェン・ブ)~ライヴ・イン・フォルモズ・フェスティバル2013 の作品紹介

今や台湾を代表するロック・バンドであり、エクストリーム・メタル新世代の旗手として世界レベルで支持されるソニックの最新ライヴを完全網羅した映像作品。1998年のデビュー以来、躍進を続けてきた彼らは、アグレッシヴでシンフォニックなメタル・サウンドと古楽器の導入、そして台湾の歴史や伝説を題材としたコンセプトによって、カリスマ的な人気を獲得してきた。霧社事件を取り上げた『サイディク・バレイ』(2005)や高砂義勇兵をテーマにした『高砂軍(タカサゴ・アーミー)』(2011)は、歴史の闇に葬られようとしていた事件に新たな光を当てることになった。さらに彼らはブラック・メタルと歌仔戲をクロスオーヴァーさせたメイクを筆頭にヴィジュアル面のインパクトでも知られており、また紅一点ベーシストのドリスは単独写真集を刊行しているなど多彩な活動を行っている。彼らが初来日を果たしたのは2000年のフジロック・フェスティバルで、2012年、さらに大きくなって再出演したのも記憶に新しい。また、2007年のIndependence D、2010年のラウドパーク、2012年のラム・オブ・ゴッド来日公演サポートなど数多くの大舞台を踏んでおり、ヴォーカリストのフレディは2013年10月のラウドパーク13でスペシャル・ユニット“METAL CLONE X”の一員として、マーティ・フリードマンと共演したばかりだ。本作は2013年8月3~4日、彼らのホームグラウンドである台北市で行われた“フォルモズ・フェスティバル2013”でのライヴを完全収録しており、最新アルバム『武德(ブティーク)』(2013)と『高砂軍(タカサゴ・アーミー)』からのナンバーを中心としたセットリストで、彼らのホームグラウンドならではの盛り上がりを見せている。この年、彼らはイギリスを代表するメタル・フェス、ダウンロード・フェスティバルに出演し、伝統楽器を演奏する楽団、采風樂坊との共演を果たしているが、本作の台北公演では再共演が実現している。また、ラスト「ディフェンダーズ・オブ・ブティーク・パレス」ではゲストとして台湾の歌劇“歌仔戲”の歌手、唐美雲がステージに登場するというサプライズもあり、台湾の歴史や伝統を重んじる彼らのスタイルが垣間見えるステージである。 今や台湾を代表するロック・バンドであり、エクストリーム・メタル新世代の旗手として世界レベルで支持されるソニックの最新ライヴを完全網羅した映像作品。1998年のデビュー以来、躍進を続けてきた彼らは、アグレッシヴでシンフォニックなメタル・サウンドと古楽器の導入、そして台湾の歴史や伝説を題材としたコンセプトによって、カリスマ的な人気を獲得してきた。霧社事件を取り上げた『サイディク・バレイ』(2005)や高砂義勇兵をテーマにした『高砂軍(タカサゴ・アーミー)』(2011)は、歴史の闇に葬られようとしていた事件に新たな光を当てることになった。さらに彼らはブラック・メタルと歌仔戲をクロスオーヴァーさせたメイクを筆頭にヴィジュアル面のインパクトでも知られており、また紅一点ベーシストのドリスは単独写真集を刊行しているなど多彩な活動を行っている。彼らが初来日を果たしたのは2000年のフジロック・フェスティバルで、2012年、さらに大きくなって再出演したのも記憶に新しい。また、2007年のIndependence D、2010年のラウドパーク、2012年のラム・オブ・ゴッド来日公演サポートなど数多くの大舞台を踏んでおり、ヴォーカリストのフレディは2013年10月のラウドパーク13でスペシャル・ユニット“METAL CLONE X”の一員として、マーティ・フリードマンと共演したばかりだ。本作は2013年8月3~4日、彼らのホームグラウンドである台北市で行われた“フォルモズ・フェスティバル2013”でのライヴを完全収録しており、最新アルバム『武德(ブティーク)』(2013)と『高砂軍(タカサゴ・アーミー)』からのナンバーを中心としたセットリストで、彼らのホームグラウンドならではの盛り上がりを見せている。この年、彼らはイギリスを代表するメタル・フェス、ダウンロード・フェスティバルに出演し、伝統楽器を演奏する楽団、采風樂坊との共演を果たしているが、本作の台北公演では再共演が実現している。また、ラスト「ディフェンダーズ・オブ・ブティーク・パレス」ではゲストとして台湾の歌劇“歌仔戲”の歌手、唐美雲がステージに登場するというサプライズもあり、台湾の歴史や伝統を重んじる彼らのスタイルが垣間見えるステージである。

製作年:
  • 2014年

CHTHONIC : 演武(イェン・ブ)~ライヴ・イン・フォルモズ・フェスティバル2013 の評価

CHTHONIC : 演武(イェン・ブ)~ライヴ・イン・フォルモズ・フェスティバル2013 の各配信サービス/情報サイトでの評価は以下となっています。

まだ評価がありません。

本作品の配信情報は 時点のものです。
配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各サービスのホームページもしくはアプリをご確認ください。

内容の不備を報告する