更新日 :

TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー ライヴ・イン・ポーランド 2013を視聴フルで配信している動画配信サービスの情報

TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー ライヴ・イン・ポーランド 2013 のサムネイル画像
提供元:iTunes

TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー ライヴ・イン・ポーランド 2013 の動画配信・レンタル状況

TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー ライヴ・イン・ポーランド 2013 が視聴フルで配信・レンタルされているのは以下のサービスです ( 時点)

1 動画配信サービスで取り扱っています。

TSUTAYAのプラン比較
UNEXT公式サイトより
オススメするポイント
  • 31日間の無料期間は動作配信サービス最長!
  • 見放題作品数が19万本と圧倒的な数。映画やドラマ、アニメの豊富なコンテンツ。
  • 動画以外にも70種類以上の雑誌も読み放題
  • 初回入会特典としてもらえる600円分ポイントで1500冊以上ある漫画も読める!
  • 家族や友人と同時視聴が可能。最大4人まで利用可能。ポイントもシェアできる

U-NEXTを31日間無料体験する

今日登録すれば10月29日までは無料で利用できます。
登録日から31日間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

U-NEXTの月額料金や配信作品数といった基本情報をまとめてみました。

月額料金 2189円
無料期間 31日間
見放題作品数 19万本以上
総配信作品数 21万本以上
ダウンロード
視聴可能端末
  • スマートフォン
  • タブレット
  • テレビ
  • パソコン
  • ゲーム機(PS4)
同時再生可能端末数 4
画質 SD/フルHD/4K
倍速再生

U-NEXTでは31日間の無料期間があるので、期間中で19万作品以上ある映画・ドラマといったコンテンツを無料で視聴することが出来ます。

さらに、雑誌も読み放題になっていますし、付与されるポイントを利用すれば漫画も読むことが出来てしまいます。毎月2000円以上、映画・ドラマ・コミック・雑誌などに使っている方にとってはかなりお得です。

ファミリーアカウントという機能があり、1つの契約で最大4アカウントが利用することも出来ます。家族以外にも友人と共有して同時に視聴することも可能です。ペアレンタルロックという機能もあり、R指定作品を非表示にすることも出来るので、親子でも安心して利用することが出来ます。

また、高画質・高音質なのもU-NEXTの特徴です。ブルーレイに相当するにフルHD(1080p)に加えて、より高画質な4K作品も配信しています。ChromeCastUltra / FireTV / FireTV Stick / AndroidTV を利用することで視聴することが出来ます。

Android端末であれば、映画館なみの音響クオリティーである「ドルビーアトモス」にも対応しています!自宅がまさにホームシアターになること間違いなしです。

U-NEXTを31日間無料体験する

今日登録すれば10月29日までは無料で利用できます。
登録日から31日間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー ライヴ・イン・ポーランド 2013 の作品紹介

TOTOデビュー35周年ワールド・ツアーより、2013年6月25日ポーランド/アトラス・アリーナ公演を完全収録した最新ライヴ。スティーヴ・ルカサー、デヴィッド・ペイチ&スティーヴ・ポーカロ、そして3代目ヴォーカリスト、ジョセフ・ウィリアムスらが70~80年代の名曲の数々をスタジオ録音盤に限りなく近いアレンジで、日本のファンが求めるTOTOの最もTOTOらしい姿が体感できる映像作品である。1978年10月、「ホールド・ザ・ライン」で衝撃のデビューを飾ったTOTO。ロックをベースにジャズやソウルのエッセンスを盛り込んだそのサウンドは時代の最先端として各地で大いなる反響を呼んだ。以後、「愛する君に」「ジョージー・ポージー」「99」といったヒット曲を70年代終盤に放ち、1982年発表したアルバム『TOTO IV:聖なる剣』から「ロザーナ」「アフリカ」が全米2位&1位を獲得。グラミー賞の主要部門を獲得し、ポップ・ミュージック・シーンの頂点に登り詰めた。その後、ヴォーカリストの交代、グループの心の支えでもあったドラマー:ジェフ・ポーカロの他界など、数々の困難を乗り越える度に逞しさを増し常に前進。満30周年となる2008年にいったん活動を中止するも、その後、闘病生活を続けるベーシスト:マイク・ポーカロへの支援目的で再結集ライヴを行い、2011年には来日公演も行っている。それから2年。満35年の節目を祝うツアーを2013年5月末から7月頭にかけてヨーロッパ12カ国29都市で行い大盛況!スティーヴ・ルカサー(G, Vo)、デヴィッド・ペイチ(Kb,Vo)、スティーヴ・ポーカロ(Kb)、ジョセフ・ウィリアムス(Vo)、サイモン・フィリップス(Ds)、ネイザン・イースト(B,Cho)、の6人+バック・コーラスの2人(エイミー・キーズ&マブート・カーペンター)という最強のラインナップで約2時間のパフォーマンスを行い、その中から、デヴィッド・ペイチの誕生日でもある6月25日、ポーランド:ウッチにあるアトラス・アリーナで収録したのが本作だ。ハイライトは、限りなくスタジオ録音盤に近いアレンジとパフォーマンスだ。ギター・キッズの憧れであるスティーヴ・ルカサーを始め、メンバー全員が最高のテクニシャンゆえ、その高度な演奏を全身で体感するのももちろんTOTOの醍醐味ではあるが、それと同時に、彼らは名曲、ヒット曲が多く、特に、初期の彼らは捨て曲がないほど充実したアルバムを何枚も発表している。この頃の作品がお気に入りの日本のファンも多いが、78年のデビュー・アルバム『TOTO:宇宙の騎士』と、79年の『ハイドラ』から多くセレクトしているのがなにより嬉しいところだ。また、スタジオ盤ではボビー・キンボールが歌っていた初期の楽曲をジョセフ・ウィリアムスがどうパフォーマンスしているかも注目の的だ。そして、ここに来てサイモンがグループを脱退することがアナウンスされ、結果的に本作はサイモンのTOTOでの最後のパフォーマンスが楽しめる作品にもなっている。そんなサイモンの脱退に加え、前述のとおり、マイク・ポーカロは今なお闘病中、二代目ヴォーカリスト:ファーギー・フレデリクセンが2014年に他界するなど、TOTOの周辺には今なお困難が絶えず訪れている。しかし、それに屈することなく世界中のファンに向けて本物の音楽を発信し続け、彼らは今なお輝きを増している。 TOTOデビュー35周年ワールド・ツアーより、2013年6月25日ポーランド/アトラス・アリーナ公演を完全収録した最新ライヴ。スティーヴ・ルカサー、デヴィッド・ペイチ&スティーヴ・ポーカロ、そして3代目ヴォーカリスト、ジョセフ・ウィリアムスらが70~80年代の名曲の数々をスタジオ録音盤に限りなく近いアレンジで、日本のファンが求めるTOTOの最もTOTOらしい姿が体感できる映像作品である。1978年10月、「ホールド・ザ・ライン」で衝撃のデビューを飾ったTOTO。ロックをベースにジャズやソウルのエッセンスを盛り込んだそのサウンドは時代の最先端として各地で大いなる反響を呼んだ。以後、「愛する君に」「ジョージー・ポージー」「99」といったヒット曲を70年代終盤に放ち、1982年発表したアルバム『TOTO IV:聖なる剣』から「ロザーナ」「アフリカ」が全米2位&1位を獲得。グラミー賞の主要部門を獲得し、ポップ・ミュージック・シーンの頂点に登り詰めた。その後、ヴォーカリストの交代、グループの心の支えでもあったドラマー:ジェフ・ポーカロの他界など、数々の困難を乗り越える度に逞しさを増し常に前進。満30周年となる2008年にいったん活動を中止するも、その後、闘病生活を続けるベーシスト:マイク・ポーカロへの支援目的で再結集ライヴを行い、2011年には来日公演も行っている。それから2年。満35年の節目を祝うツアーを2013年5月末から7月頭にかけてヨーロッパ12カ国29都市で行い大盛況!スティーヴ・ルカサー(G, Vo)、デヴィッド・ペイチ(Kb,Vo)、スティーヴ・ポーカロ(Kb)、ジョセフ・ウィリアムス(Vo)、サイモン・フィリップス(Ds)、ネイザン・イースト(B,Cho)、の6人+バック・コーラスの2人(エイミー・キーズ&マブート・カーペンター)という最強のラインナップで約2時間のパフォーマンスを行い、その中から、デヴィッド・ペイチの誕生日でもある6月25日、ポーランド:ウッチにあるアトラス・アリーナで収録したのが本作だ。ハイライトは、限りなくスタジオ録音盤に近いアレンジとパフォーマンスだ。ギター・キッズの憧れであるスティーヴ・ルカサーを始め、メンバー全員が最高のテクニシャンゆえ、その高度な演奏を全身で体感するのももちろんTOTOの醍醐味ではあるが、それと同時に、彼らは名曲、ヒット曲が多く、特に、初期の彼らは捨て曲がないほど充実したアルバムを何枚も発表している。この頃の作品がお気に入りの日本のファンも多いが、78年のデビュー・アルバム『TOTO:宇宙の騎士』と、79年の『ハイドラ』から多くセレクトしているのがなにより嬉しいところだ。また、スタジオ盤ではボビー・キンボールが歌っていた初期の楽曲をジョセフ・ウィリアムスがどうパフォーマンスしているかも注目の的だ。そして、ここに来てサイモンがグループを脱退することがアナウンスされ、結果的に本作はサイモンのTOTOでの最後のパフォーマンスが楽しめる作品にもなっている。そんなサイモンの脱退に加え、前述のとおり、マイク・ポーカロは今なお闘病中、二代目ヴォーカリスト:ファーギー・フレデリクセンが2014年に他界するなど、TOTOの周辺には今なお困難が絶えず訪れている。しかし、それに屈することなく世界中のファンに向けて本物の音楽を発信し続け、彼らは今なお輝きを増している。

製作年:
  • 2014年

TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー ライヴ・イン・ポーランド 2013 の評価

TOTO 35周年アニヴァーサリー・ツアー ライヴ・イン・ポーランド 2013 の各配信サービス/情報サイトでの評価は以下となっています。

iTunes
4.1

本作品の配信情報は 時点のものです。
配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各サービスのホームページもしくはアプリをご確認ください。

内容の不備を報告する