更新日 :

ブルース・スプリングスティーン『スプリングスティーン・アンド・アイ』を視聴フルで配信している動画配信サービスの情報

ブルース・スプリングスティーン『スプリングスティーン・アンド・アイ』 のサムネイル画像
提供元:iTunes

ブルース・スプリングスティーン『スプリングスティーン・アンド・アイ』 の動画配信・レンタル状況

ブルース・スプリングスティーン『スプリングスティーン・アンド・アイ』 が視聴フルで配信・レンタルされているのは以下のサービスです ( 時点)

1 動画配信サービスで取り扱っています。

TSUTAYAのプラン比較
TSUTAYA公式サイトより
オススメするポイント
  • 30日間の無料体験が可能
  • 49万本以上のCD/DVDが借り放題! マイナーな作品や旧作、アイドル動画など圧倒的なラインナップ
  • 自宅から注文することができ、最速で翌日には自宅に送料無料で届けてくれます
  • 定額レンタルに加えて、ネットの動画配信が見放題になるプランも! (2417円/月)

TSUTAYA を30日間無料体験する

今日登録すれば11月24日までは無料で利用できます。
登録日から30日間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

TSUTAYA DISCASの月額料金や配信作品数といった基本情報をまとめてみました。

月額料金 1865円(税抜)
無料期間 30日間
見放題作品数 6万本以上
総配信作品数 49万本以上

TSUTAYA DISCASであれば「新作」「まだまだ話題作」「旧作」など、すべての作品を月8本まで定額内で注文できます。さらに月間レンタル可能枚数終了後も「旧作」は借り放題!

TSUTAYA を30日間無料体験する

今日登録すれば11月24日までは無料で利用できます。
登録日から30日間以内に解約すれば一切お金はかかりません。

ブルース・スプリングスティーン『スプリングスティーン・アンド・アイ』 の作品紹介

「目的地に到達するには、自分だけでは駄目だ。みんなの力が必要なんだ」ブルース・スプリングスティーン。米国ニュージャージーから世界に向けて旅立って40年。ブルース・スプリングスティーンはロック・ミュージックを代表するアーティストとして支持されてきた。母国アメリカに留まることなく、ヨーロッパ、そして日本においても、彼は絶大な人気を誇り、「明日なき暴走」「涙のサンダー・ロード」「ボーン・イン・ザ・USA」など代表曲の数々は時代を超えて聴かれ続けてきた。2012年に発表された最新アルバム『レッキング・ボール』は世界18カ国のチャートで1位を獲得するなど、彼のキャリアは新たなピークを極めようとしている。ファンの視点からブルースを語るという試みである本作において、制作総指揮をとるのはリドリー・スコットだ。『エイリアン』(1979)、『ブレードランナー』(1982)、『プロメテウス』(2012)などで孤高の映像美を構築してきた彼だが、本作の主人公たちは、等身大の人間たちだ。彼らはブルースの音楽を聴いて育ち、彼の音楽を聴きながら恋に落ち、別れを経験する。そして彼らは、自らの子供たちに彼の音楽を聴かせ、次の世代へと受け継いでいくのだ。東日本大震災からちょうど1年目となる2012年3月11日に動画サイト『YouTube』に投稿された動画を再編集した『ジャパン・イン・ア・デイ』(2012)でもリドリー・スコットは制作総指揮を務めてきたが、本作においてもその手法を踏襲。世界中のファンから寄せられた、300時間におよぶフッテージから、1本の映画にまとめ上げた。アメリカ、イギリス、フランス、南米、そして日本。性別も国籍、人種、言語も異なったファン達がインタビューやコメント映像を寄せている。その中にはプレスリーのコスプレをしてステージでブルースと共演したり、マディソン・スクエア・ガーデンで最前列のチケットを突然もらうという夢のような経験をした人物もいる。本作において、彼らの多くは名前すら出てこない。何故なら、彼らの抱くブルースへの愛情と敬意は、我々と同じだからだ。彼らは我々なのだ。レア映像満載のドキュメントとしても楽しむことが出来る。本作でしか見ることの出来ない貴重なショットも多数収録、ブルースの相棒として長年活躍したが2011年に亡くなったサックス奏者、クラレンス・クレモンズの生前の演奏も収められている。ブルース・スプリングスティーンの音楽が世界のファンを結びつけるのは、その歌詞のメッセージ性によるものも大きい。リドリー・スコットによるスーパーヴィジョン下で、監督を務めるのはベイリー・ウォルシュ。ミュージック・ビデオ界でその名を知られるクリエイターで、INXS「テイスト・イット」マッシヴ・アタック「アンフィニッシュド・シンパシー」などのビデオを手がけてきた。本作は彼にとって、現007ジェームズ・ボンドとして知られるダニエル・クレイグが主役を演じた『フラッシュバック』(2008)以来の劇場作品となる。ブルースとファンの絆を再確認する、ロックの架け橋となる。 「目的地に到達するには、自分だけでは駄目だ。みんなの力が必要なんだ」ブルース・スプリングスティーン。米国ニュージャージーから世界に向けて旅立って40年。ブルース・スプリングスティーンはロック・ミュージックを代表するアーティストとして支持されてきた。母国アメリカに留まることなく、ヨーロッパ、そして日本においても、彼は絶大な人気を誇り、「明日なき暴走」「涙のサンダー・ロード」「ボーン・イン・ザ・USA」など代表曲の数々は時代を超えて聴かれ続けてきた。2012年に発表された最新アルバム『レッキング・ボール』は世界18カ国のチャートで1位を獲得するなど、彼のキャリアは新たなピークを極めようとしている。ファンの視点からブルースを語るという試みである本作において、制作総指揮をとるのはリドリー・スコットだ。『エイリアン』(1979)、『ブレードランナー』(1982)、『プロメテウス』(2012)などで孤高の映像美を構築してきた彼だが、本作の主人公たちは、等身大の人間たちだ。彼らはブルースの音楽を聴いて育ち、彼の音楽を聴きながら恋に落ち、別れを経験する。そして彼らは、自らの子供たちに彼の音楽を聴かせ、次の世代へと受け継いでいくのだ。東日本大震災からちょうど1年目となる2012年3月11日に動画サイト『YouTube』に投稿された動画を再編集した『ジャパン・イン・ア・デイ』(2012)でもリドリー・スコットは制作総指揮を務めてきたが、本作においてもその手法を踏襲。世界中のファンから寄せられた、300時間におよぶフッテージから、1本の映画にまとめ上げた。アメリカ、イギリス、フランス、南米、そして日本。性別も国籍、人種、言語も異なったファン達がインタビューやコメント映像を寄せている。その中にはプレスリーのコスプレをしてステージでブルースと共演したり、マディソン・スクエア・ガーデンで最前列のチケットを突然もらうという夢のような経験をした人物もいる。本作において、彼らの多くは名前すら出てこない。何故なら、彼らの抱くブルースへの愛情と敬意は、我々と同じだからだ。彼らは我々なのだ。レア映像満載のドキュメントとしても楽しむことが出来る。本作でしか見ることの出来ない貴重なショットも多数収録、ブルースの相棒として長年活躍したが2011年に亡くなったサックス奏者、クラレンス・クレモンズの生前の演奏も収められている。ブルース・スプリングスティーンの音楽が世界のファンを結びつけるのは、その歌詞のメッセージ性によるものも大きい。リドリー・スコットによるスーパーヴィジョン下で、監督を務めるのはベイリー・ウォルシュ。ミュージック・ビデオ界でその名を知られるクリエイターで、INXS「テイスト・イット」マッシヴ・アタック「アンフィニッシュド・シンパシー」などのビデオを手がけてきた。本作は彼にとって、現007ジェームズ・ボンドとして知られるダニエル・クレイグが主役を演じた『フラッシュバック』(2008)以来の劇場作品となる。ブルースとファンの絆を再確認する、ロックの架け橋となる。

製作年:
  • 2013年

ブルース・スプリングスティーン『スプリングスティーン・アンド・アイ』 の評価

ブルース・スプリングスティーン『スプリングスティーン・アンド・アイ』 の各配信サービス/情報サイトでの評価は以下となっています。

iTunes
3.9

本作品の配信情報は 時点のものです。
配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については各サービスのホームページもしくはアプリをご確認ください。

内容の不備を報告する